ゆんパパ子育て奮闘記

心臓病の我が子の子育て日記です。

気管切開とは!?

どうも、ゆんパパです。

 

今回は、前回の記事でも言った通り

気管切開について

調べた情報ではなく、実体験を基にした

お話をしたいと思います。

 

まず、気管切開とはなにか。

まさにその名の通りで

気管に穴を空けて、気道確保をすることです。

 

酸素を鼻から取り入れてるのと

変わらないんじゃないのか。

そう思われる方もいるかと思います。

しかし、鼻からと気管からでは

実際に取り入れる酸素の量が違ってきます。

鼻からだと、口から漏れてしまい

食道にも流れてしまうため

取り込む酸素が減ってしまいます。

気管切開で酸素を取り入れる際は

多少食道に流れるものの

しっかりと肺へ運んでくれます。

同じ流量でも大きな差が生まれるのです。

 

我が子は、術前酸素流量1リットルで体内酸素量約80%でした。

術後、流量0.5リットルで酸素量85~90%になりました。

微量の差かもしれませんが

心臓に疾患をもつ子どもからすれば

大きな進歩です。

 

気管に装着するカニューレもメーカーにより

様々だそうです。

気管のCTをしてもらい

耳鼻科の医師に判断を仰ぐのがベストです。

特殊な形をしてる気管の方も中にはいるそうですが

そういった方は、特注でメーカーに

作ってもらっているそうです。

 

さて、気管切開の良いところはまだあります。

子どもの場合は、淡の吸引が捗るという点です。

鼻からでもできますが

肺に近い気管で吸引する方が

遥かにたくさん吸引できます。

 

逆に、気管切開の怖いところ。

気管にモノをいれるわけですから

気管にストレスがかかってしまい

むくんでしまったり、気管が腫れて

呼吸が苦しくなる場合があります。

その他にも、感染症の恐れがあります。

これはどうしても避けられない部分です。

あと、声がでない。

これもかなり辛いものです。

ですが、一生切開しておくわけではありません。

気管切開は、一時的なものです。

我が子の場合は、心臓の手術が終わるまでです。

呼吸状態が悪いと、肝心な心臓の手術が

受けられません。

同じような方が沢山いると思います。

簡単な記事でしたが、医師から言われたことは

集約していると思います。

少しでも頭に残っていただければ幸いです。

 

気管切開無事終わりました!

こんにちは、久々のゆんパパです。

 

二か月ほど、子どもの入院でブログ更新できませんでした。

今回は意外と長かったです。

理由はと言いますと、気管切開の手術をしていたからです。

 

以前にもお話していましたが、我が子は心臓に穴が空いています。

そのせいで、呼吸が多少きつく

酸素を使って日々の生活を送っています。

 

心臓病の子供たちは、気管切開をして

酸素をうまく取り入れて

呼吸状態を良好に保つ。

といった処置がとられる場合が多いそうです。

もちろん我が子も例外ではありません。

しかし、いざ気管のCTをしてみると

気管が複雑に曲がっていて

手術はとても難しいと宣言されました。

 

そんな中で、状態が悪化し

一時呼吸停止の非常事態。

 

正直、ひざが震えて頭が真っ白になりました。

取り乱さないほうがおかしいといった状態でした。

 

なんとか命をとりとめ

ICU

 

ICUでは、挿管され、呼吸器をつけた状態で

両手も抑制されていました。

一日二回の面会で、ただ我が子を見つめることしか

できなかったのが、とても悔しかったです。

 

ICUで徐々に状態が良くなりつつあるときに

担当医から言われました。

 

「困難ではありますが、気管切開をしてみましょう」

 

様々な検査を経て、ようやく手術までこぎつけました。

しかし、医者からは

「正直、手術してみないとわからない」

これほど不安になる言葉はありませんでした。

 

手術時間は一時間程度。

中の様子が気になってしょうがなかったです。

病棟を行ったり来たり。

そうしているうちに

先生がこられて

「無事に手術できましたよ。」

こんなにうれしいことは、出産したとき以来でした。

 

術後は、至って良好で

みるみるうちに、元気になっていきました。

手術前がなにもなかったかのように。

それを見ているだけで幸せでした。

気管切開をしたことで

手間はかなり増えました。

でも、また一歩心臓の手術が近づいたことに

間違いはありません。

回り道をしたように見えるかもしれませんが

かなり大きな一歩を踏み出せました。

 

気管切開については、後日詳細を載せていこうと思います。

では

生まれてきてくれてありがとう!

前回のお話で誕生までをお話したので

今回は生まれた時のドタバタ秘話?をお話します。

 

体重2500gでお母さんに優しく

生まれてきてくれた我が子でしたが

 

「あれ、泣かないぞ??」

 

先生と看護師の方が、あたふたし始めました。

なにかおかしいぞと思い始めた私と妻は

喜びもつかの間、不安になってきました。

すぐに保育器に入れられた我が子でしたが

その口元には、酸素が充てられていました。

何かあったのかと

出産を終えた妻と病室で先生を待っていました。

待っている間は、はやく会いたいという

喜びと、酸素が充てられていた不安とで

とても長く感じました。

 

ようやく先生が来て、説明をしてくれました。

 

先生「息をするのが辛そうで、もしかすると心臓に問題があるかも。」

 

不安が現実のものとなり

妻と二人で呆然としました。

でも、その段階ではまだなにもわからなかったので

もしかしたら大丈夫なんじゃないかと

そう考えるようにしました。

だけど、妻はかなりのショックを受けているみたいで

どことなく泣きそうな顔でした。

産婦人科では診れないと言われ

近くの大きな病院に搬送されることを知らされました。

一気に緊張が走りました。

でも、まだ大丈夫まだ大丈夫と言い聞かせ

冷静を保っていました。

 

でも、生まれてきてくれたことを

喜ばずにはいられません!!!

 

その日は、妻と何度も何度も

保育器を覗きにいっては、ニヤニヤ(笑)

だっこは一度だけですができたので

これはチャンスと

写メをパシャパシャ(笑)

すやすやと寝ている我が子は

天使感が半端ではなく

とても幸せな気持ちにさせてくれます。

 

これから大変な日々がまっているとはしらずに....(笑)

 

子育て日記はじめました!出産立ち合い編

皆さん、はじめまして!

これから子育て日記を書いていきます、yusukeです。

よろしくお願いします。

 

我が子が生まれて、はや一年が経ちました。

今更感が半端ないんですが(笑)

色々ありまして、ようやく落ち着いてきたので

お話していいこうかなと思いました。

 

息子あむごんが元気に生まれてくれたのは

去年の4月でした。

妻「破水したかも.....」

それを聞いたときには、緊張が走りました。

なんせ第一子だったのでわからないことばかりで

全てが手探りでした。

病院に着いて、すぐ先生に診てもらった結果、、、

 

先生「破水ではないですね。」

 

えぇー!!!

ですよね(笑)

安心していいのかいけないのか、頭がカオスでした。

それから数日して、またもや破水!!

今度は、前回のこともあり

落ち着いて病院まで向かいました。

 

するとなんと!!!!

 

先生「破水だね。子宮開いてきてるから、そんなに時間かからないよ。」

 

余裕の表情だった私は、凄まじくあたふた。

妻はまだ余裕のようで、これから生まれてくる我が子を

想像して、にこにこしていました。

それもつかのまでした。

すぐに陣痛がやってきて、のたうち回る妻!!

あたふたする私!!

最悪ですね、パートナーとして。

苦しむ妻を見ていた私は、腰をさすってやることしかできませんでした。

早く生まれてきてくれーと、ひたすら祈っていました。

 

陣痛が来て3時間が経過していました。

すると、先生が

「もう生まれるから、分娩台にいこう」

 

キターーーーーー!!!!

 

興奮と緊張と喜びと、もうわけわかんない感情で

ゲロりそうでした(笑)

 

そして分娩台に座って、それからはほんの一瞬でした。

 

やっと会えたな(^◇^)

 

初めて感じる感覚に

思わず涙が出てきて、人目を気にすることなく

ただ泣いていました。

ひたすら泣いていました。

 

生まれてきてくれて、本当にありがとう。